ということでね、発売日前日に届きました!
アマゾンさんありがとうございます(∩´∀`)∩
DSC_0362

今回のパッケージはなんと。ブルーレイなのに2枚入っているんですよ!

収録されている総時間はなんと7時間半を超える圧倒的ボリューム(本編287分・特典171分)

1週通しで見るだけであっという間に日が暮れます(暮れましたw)

特典にあたる部分は上海公演の様子とメイキング映像です。

舞台裏での「いろいろ」が見る事ができます。是非みなさん確認してみてくださいね!


本公演では蒼井くん内田くんなど新たな「キンガーズ」が誕生したわけですが

内田くんは5月に1stCDを出して9月が初ライブ、しかも東京ドームというも中々凄いですよね~

あとは構成として、若いファンの方々が楽しめるメンバーの出演は勿論ですが、can/gooがベストアルバムを引っ提げて復活したり、シスプリユニットPritsが16年半振りにユニット参加したりと、古くからのファンの方々も楽しめたフェスイベントだったのではないでしょうか?


個人的な感想としては、ほっちゃん最高!のは勿論なのですが

蒼井くんのことをラジオで流れる告知CMやポプテピピックでの印象しか無かったので()←

東京公演を通して蒼井くんのイメージがガラッと変わりました。いやーあれは女性に人気でますね。

あとは、保志さんは15年のSSA公演でも「Shining Tears」を歌っていたので、次の機会があれば別の曲を歌って欲しいなぁ…なんて思ったりしました。

他にも色々あるんですがここでは端折りますw

東京公演を通して初めて生歌を聴いた方はちょいちょい居たので、こういったフェスライブは新たな発見があって凄い新鮮でした。

この収録時間と内容で1万は正直かなり安いです

次のキンスパ開催を望む方々は今回の円盤を(過去のシリーズを揃えてない方はそちらも)是非お買い求めください。キングの偉い方々の食事が豪華になります←

アマゾンは特典無しなら割引も付けてくれる親切設定に涙がでます(筆者が特典なしの安いやーつで済ませたのは秘密です)





※余談ですが、筆者は正直キ〇グはそんなに好きではありません。理由はほちゃクラだという事でいろいろお察しください。

ですがキンスパは好きです。
15年のSSA公演ではFor フルーツバスケットでやまなこコラボがあったり
・今回の東京公演では奈々さんとほっちゃんのコラボがあったり、最後の残酷な天使のテーゼでは林原さんほっちゃんが一緒に歌う場面があったり(ここが最高に好きです!)
DSC_0363

・上海公演では、参加しなかった水瀬さんに代わって「トリニティに入りたい」というほっちゃんの願いが叶い小倉さん上坂さんと共に歌ったり
DSC_0365

そんな感じで
ファンクラブイベント以外でほっちゃんにスポットが当たることが余りない近年において、フェスライブでほっちゃんが歌ったりしているケースをぶっちゃけ貴重です。

ただ、スポットが当たることが余りなかったからこそか?東京公演終了後にはツイッターでほっちゃんがトレンド入りしているなど、ほっちゃんのライブを求めている人が多い事に1ファンとして凄く嬉しかったです。

次ほっちゃんがFC系以外で行うライブは単独なのか、キンスパなどのフェスライブなのか…